トロンメルとスクリーンの特徴を知ってガレキ選別を行う

大型のガレキ選別ならトロンメルを活用する

ガレキ選別に使用される機器は複数種類ありますが、大型のガレキを選別するならトロンメルが最適です。あらかじめ大型のコンクリート片などはショベルカーで取り除く必要はあるものの、一定の大きさのガレキに選り分ければ、トロンメルに入れて自動的に選別することができます。

素材ごとに細かく選り分けられるスクリーン

トロンメルで選り分けられたガレキは、スクリーンで更に細かく選別することが可能です。木材やガラス、コンクリートなど素材ごとに分けられるので、安い費用で処分できるでしょう。もちろん、そのままリサイクルにも出せるので、環境保全にも貢献できます。

一緒に読んでおきたい記事

工場

大量の廃油は法律に基づいて正しく処理を行おう

産業廃棄物の中でも、可燃性のある廃油は特に処分が難しいものです。処分には法で定められた資格が必要となるので、必ず信頼のおける専門業者に依頼しましょう。専門業者であれば、的確な方法で廃油をリサイクルすることができます。

READ MORE

廃油や廃棄物が出てしまうのは当然の事

建造物を解体するなど、事業活動を行う中で廃油やガレキなど産業廃棄物の発生は避けられません。仮に量を抑えることはできても、発生させないことは不可能です。大切なのは、発生した廃油や産業廃棄物を正しい方法で処分することであり、可能な限り再利用することだといえます。

解体作業で発生した廃油やガレキの処理は業者にお任せ

男性

産業廃棄物の処理責任を知る

埼玉で産業廃棄物を処分する際には、必ず適切な方法で処理しましょう。万が一不法投棄を行った場合は、法律によって厳しく処断されます。一般的に産業廃棄物の処理は、どの企業も自社では行わずに専門の業者に依頼して行っています。専門業者に任せれば適切に処理してもらえますが、仮に業者が不法投棄を行った場合も、その責任は産業廃棄物を発生させた企業が背負うことになります。専門業者に産業廃棄物の処理を依頼する場合は、埼玉の中でも最も信頼できる業者を選びましょう。

重要性の高いガレキ選別

事業活動の中で発生したガレキの中には、有害な物質を含むものもあります。そのまま処分すれば危険が伴う上、環境破壊に繋がることもあるので、選別した上で素材ごとに処理しましょう。また、ガレキ選別により選り分けられた素材は、再利用することが可能です。不要となったガレキを再利用することで、資材にかけるコストを大幅に節約することもできるでしょう。特に建設関係の企業であれば、選り分けた素材をそのまま自社内で再利用できるため、大変お得だといえます。

[PR]埼玉で好評な産業廃棄物処理業者
仕事で出てくる不要品を手軽に処分

[PR]ガレキ選別に必要な機材をレンタルしよう
優良店をピックアップ☆

[PR]廃油の処分は専門業者に頼むのがオススメ!
低価格で回収してくれる